【会】ロジクールのPCゲーム用デバイスのイベントに参加しました。(2013/04/19)

kooです。どもす( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
えぇ。行ってきました。
ロジクールのPCゲーム用デバイスのイベント
 
ロジクール新作ゲーミングツール(マウス、キーボード、ヘッドセット、ゲームパッド)
タッチ&トライ ブロガーイベント
 
場所は。秋葉原
UDX GALLERY
01
初めて行きました。綺麗なところですね。
 
02
LogiCool G Series Launch Eventです。
 
こんな感じでストラップをもらえました。
05
kooです。
vktec.comのkooです。
 
うわぁ、恥ずかしいぃ~。
すっげぇ~恥ずかしい
 
よせばいいのに、
イベントブース正面に陣取りましたwwwww
03
 
そして、周りには
全国から名だたるブロガーさんたちがいるわけですよ。
・・・・
当然、皆様各種ガジェットを装備してらっしゃる。
VAIO Pだとか、
MacbookAirとか

そして、無線LAN飛ぶ飛ぶ。
・・・・皆様 飛ばしすぎです。多少は自重してください。
 
ちゃんと撮ってきましたよ。
・・・・まるで、戦闘態勢でなかったので充電切れきれのiphoneですが。
04
これが、G700s
新製品です。

06

こちらに画像を出していますが、Gブランド先行の
Logicool G710+です。
 
きっとこの新製品発表会に参加した30名のブロガーは、それぞれ
いい評価を書いていることだろう。
 
なので、ここでは敢えて
 
酷評させてもらおうかな。と。
 
総じて13品種。4カテゴリーの新製品
※半分はネームリセットのビジネス戦略モデル。
→古くなって、安売りが始まってしまったモデルのパッケージのみを刷新して
 値段を引き上げる ぶっちゃけ セコいビジネスモデル
 
こんな事してたら、ファン以外はいなくなる。正直そう思う。
 
では、総論。
1つとして、使いたい、もしくは欲しいと思うデバイスは無かった
 
最悪なのは、

これだ。
上でも書いた
Logicool G710+
最悪です。
 
というのは、私が普段から、Cherryの茶軸を使っているから。
Logiは今回、同じ茶軸を使ってきた。
なので、茶軸の質感は良く分かっているつもり。
 
Logiの茶軸に限っていえば、劣悪にチューンされた最低のCherry使いだと思う。
 
まず、茶軸のタイピング音を軽減させるために入れたラバーリング
このリングを入れるが故に、キーの高さがかなり上がっている
リニア反応をする茶軸ではあるが、かなりの深さまで押し込まないと
文字が反応してこない
ゲームをやっていても、きっと同じことが起きるだろう。
 
押したのに。
 
ってことが起きると思う。
熱くなってくれば、深さのあるキーボードで押し切るかとは思うが、
MMOをメインで使う場合は、深く押すことが無駄な時間になってしまう。
コンマ数秒の世界かもしれないが、コンボがつながらないとか
そういった事につながると思っている。
 
普段使いにも、使いづらいとしかいえないキーボードという印象。
これが1980で売っていれば、使えなくてもごみに出す。
しかし、1万中盤になるとそれは異なってくる。
 
評価できるのは、茶軸にしては、えらく静かだね。って事くらい。
 
音として、
RealForceHappy Hacking Keyboard並み。
かなり静かにタイピングすることが出来る。
 
出来るが、使いづらい
 
なので、私が個人的な感想として
評価できる部分は音だけ。
点数にしたら、12/100くらいの点数をつける。
 
88点は、キーの打ちづらさ がすべて。
そして、茶軸であるということを完全にスポイルしてしまっている
超がっかり仕様だということ。
 
はっきり言う。
通販のみで買うことをお薦めしない。
かならず実機に触れて、それで
このキーボード超いいじゃん!って思えたら、買った方がいいと思う。
 
そう思わないなら、15000円だせばもっといいキーボードはごろごろしている
※マウスセットを除く。
 
たとえば、同じ茶軸であれば
 
こんなのとか。

  
マクロ機能とかプログラム機能はない
LOGIの売りは、そこにもある。

しかし、ゲームをやる人が ゲームには専用のキーボードを持つ人ばかりではない。
ライトユーザーは、えてしてキーボードに専用物を使うことはまずないだろう。
普段の文字入力も同じキーボードでやるだろう。
 
そう考えるのが普通だと思っている。
 
音を減らそうと改善したがゆえに、トータルで改悪になった悪いパターン。
あのキーボードを使おうとは思わない。
青軸や赤軸であれば、入力が軽くなるので多少はいいのかもしれないが
茶軸を使ったがゆえに失敗したと思っています。
 
私からは
Logicool G710+ は 現物を見ずして買うな
です。
 
がっかりだよ。

こんな動画で紹介されましたが、クスリともしませんでした。
つぅか、、、、、大丈夫か Logicool
本国からゲーミング部門のTOPが来ていました。
当然、本気なのでしょう。
リネーム製品半分とは言っても13製品。
 
力のいれようは、はんぱありません。
 
が、
 
製品としては、どうなの?
g700s-gaming-mouse-images
キーボードは酷評しましたが、
こちら、G700sはまだ評価できると思いますが、
くるくるホイール搭載です。
ゲーマーには、何の意味もないですが、一般要素では使えるんですよねぇ。
シューっと動くホイールは、嫌いじゃないです。
 
廃人ではないので、
一般使用 >>>>> ゲーム
なのですよ。
 
デザインも悪くない。
 
ただ!
ただ!
 
右手の親指が、触れるあたり。
ここが、ザラザラ加工してあります。
 
なぜか?
 
しっかりグリップするため。
 
え?
え?
え?
 
登壇していたゲーミング部門マネージャも言っていたが
目の細かいヤスリ
 
1200番くらいのカミヤスリの感覚でした。
 
正直、気持ち悪い
 
そして、汚れない加工がされていたりするんだが、
本体中央と左右のつなぎ目に、細い溝があるのは
Logiの仕様なんでしょうか。
 
ここに汚れが貯まるんですよ!
Macみたいに、つなぎ目なんて作るな!
と言いたい。
 
えぇ、正常進化するマウスですが
悪いところも改善していこうぜぃ!
 
って意識はあるんでしょうか。。。。。

やっぱり、がっかりです。
 

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください