【本】個人面談に1つのプレゼント

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、今日も自社のエンジニアと個人面談という名の
毒吐き会をやってきました。
 
今回は入社半年の若手です。
 
来月、現場でのリーダー格へのステップアップが期待されています。
※入社半年で。 というのはすごいこと。

今までは手ぶらでした。

ただ、今回は上記の直近の未来も含めて、
1冊の本を持っていきました。 
 

この本。27歳からのMBA グロービス流リーダー基礎力10
 
かなりの良書です。
ただ、私はすでに10年以上対象から先にいます・・・・
えぇ、初老でございます(´・ω・`)
 
このアクションが
一つのビジョンを示すことに役に立てばいい
 
ということと。
 
まだ、私の下にいるメンバーで個人面談を済ませられていない人が約半数ほどいる。
次回以降の個人面談には、1冊の本をプレゼントしようと考えている。
 
とうぜん、その人にあったもの
というのが大前提だ。
 
今回は、たまたま年齢も本のタイトルと同じ
 
そして、リーダーへのステップアップ直前ということ
本人も何を求められているのか何がリーダーなのか
 
というところで、悩んでいる時期であった。
 
セレクトとしてはかなり良かったのではないかと思う。
 
さて、これは産みの苦しみだけれど、楽しいな。

 
面談をする前に、本人のニーズを汲み取り、本という形で答えへの道筋を指し示せるかどうか。
 
人によっては、 マンガで分かるなんて
シリーズの本になるかもしれない。

 
では。
 

ツイートツイート

【腰】椎間板ヘルニア その後1

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、術後でございます。
 
水曜に手術して、調子よかったのは月曜の夕方まで。
 
月曜の夕方、いつものように帰宅。
電車内でまた 悪夢の 灼熱地獄がスタートしました。
 
ふともも 5cmの距離にストーブを置かれている感じになる
 
感覚異常という症状。
 
炎症もありませんし、燃えているわけでもありません。
 
神経が反応して、熱いと脳に誤解させているわけです。
 
事あるごとに、左足をプラプラさせます。
※電車内です。
 
足わるいのかなぁ。と思わせるようなしぐさ。
決して座りたいアピールではありません
熱いのです。。。。
 ※ぶっちゃけ座ると楽になるので、座りたいのは確かだけど
  そんなん、無理っすよw
 
ただ、手術前はしょうがないと思っていました。
今は、手術後です。
 
また、起きてしまったんです。
調子よかったのに。
何も重いもの持ってないのに。
荷物は網棚に載せます
 
床に荷物置くという行為は、
私は、捨てたごみと思っているので
邪魔なら蹴りますし、容赦なく踏みます

電車の床なんて、ついさっきトイレに入った人が歩くような場所ですよ
そこに荷物置くなんて、捨てたと認識すべきだと思っています。

酔っ払いがそこで、昨日ゲロ吐いたかもしれないんですよ。
あなたが荷物を置いたその場所は。 
 
いかん、脱線。
 
 
そんなわけなので、今日 病院に行ってきました。
まず不安。
手術したのに、何も変わらない
ましてや 悪いように感じる(数日でも無痛状態があったから)
 
原因は分かりました。

この手術をしています。
 
器具を通した穴は存在するわけです。
それも髄核まで通り抜ける穴が。
 
そして、私は血圧が下がり死にかけました。
 
髄核を想定量抜けていないのです。
つまり残っています。
 
それが、繊維輪を通り神経側に出てきた。
 
・・・・痛いわけだよ。それも痛むのと同じレベルの痛みだよ。。。。
 
おいおい。
手術して原因ふやしとるんじゃないかぁ!
 
ということで、今日は
神経根に直接ブロック注射です。
 
おや? 何か 同じだ。。。。
 
ただ、今日の注射は入りがいいです。
※手術跡に注射針を入れたのでしょうか・・・・。
 
いきなり、足にドスンと突き抜ける痛み
神経根に直接 針が刺さるド級の痛みです。
 
手術台で注射されるのですが、
手術台から、自力で 最寄りのベッドまで歩けないのです。
 
左足に症状が出ているのですが、左足が足の裏を下(地面側)にして着地できない
捻挫するときのように、なぜか足首が内側を向いていて
側面から足をつけてしまう。
 
そりゃ、こけそうにもなります。
 
男性、女性の看護師(男性は放射線技師)に両脇を抱えられて
3mの距離を移動です。。。

1時間くらい、神経に直接さされた痺れは抜けないのです。
足がずーっと痺れています。
ただ、膝は曲がるし 足の指も動きます。
※どうやっても、MT車は運転できないので、帰宅不可です。
 
看護師さんにMTだと言ったら驚かれました。
 
「えー マニュアルぅ? 無理無理。免許はあるけど絶対むりぃ
 
・・・・・免許取ってるじゃんw
 
まぁ、このご時世、何を好き好んでMT乗るのか意味わかんないでしょねw
 
ということで、毎週の病院通いが決定しました。
何があっても土曜日は最優先して病院です。
 
そして、毎食後のロキソニン。
正確に言えば、1日3回ロキソニンです。
3T/1D です。
  
リリカは、脳をダメにするからという理由で医師は出したがりません。
でも、痺れは・・・・。
痛みよりはいい。
ということでしょう。
 
これ以上、脳はダメになりませんけど(と言いたい
 
そして、手術が途中で終わった理由も分かりました。 
 
馬蹄腎 x 経皮的髄核摘出術
 
はダメです。
 
まず、痛みに人が耐えられません。 
 
手術室にいた看護師曰く
 
急に声に張りがなくなった。
途端、血圧下がった

 
だそうだ。
やはり、、、、
 
死にかけていたのは本当だった。。。。 
 
生きているからいいけれど。
 
数百名同じ症状の患者を診ているドクターも
あんなに痛がるのは初めて。
血圧が下がるのも初めて。
馬蹄腎も初めて。
 
これで結論づくと思います。
 
とにかく、あと3日
がんばって職場に出ます。ふぅ。
 
ノシ

ツイートツイート

【腰】手術しました 椎間板ヘルニア

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい。
 
手術しました。椎間板ヘルニアの。
 

イメージは、この画像の通り。
 
青いバームクーヘンのようになっているところが 繊維輪
こいつを貫くように器具を入れて、
中の髄核をチェーンソーのようになった先端部が
掻き出してくる。
 
という手術。
なので、実際に飛び出した椎間板を切る とかそういうものではありません。
あくまでもその根元にある髄核を減らして、空間を作ってそこに吐出した
椎間板を落とす。神経に触れないようにしてやる。
 
という手術。
 
腰あたりから、器具を入れて脂肪、筋肉を突き抜け、繊維輪に到達しますが
局所麻酔が効くのは、脂肪と筋肉部 のみ。
 
その先は、麻酔効かないゾーンです。
 
ぶっちゃけると、腰の表面も麻酔効いていませんでした。
メスで、穴をあけるのですが、
めっちゃ痛いでやんの。
これ、聞いてない痛み。
 
痛い!というと、
メスだから、我慢。
・・・事前に言っといて。お願いだから。
 
 
Dr曰く。
繊維輪を超えるまでの
5秒だ。5秒耐えろ
とオペ前に言っていました。
 
・・・・オペ中は全身麻酔ではなく部分麻酔なので
意識はビンビンです。
全部分かります。
 
筋肉を突き抜けた先、もう何度となく入れ直し、差し直しをしているので、
5秒が何十回もありました・・・(´・ω・`)
 
画像にはないですが、
真ん中の黄色い脊柱神経から真横に神経根という太い神経が走っています。
これに触れると足に影響が出ます。
 
傷つけたら、即車いす生活です。
 
なので、全身麻酔を嫌い、部分麻酔でオペする医師。
 
私の場合、腎臓が1つになっている馬蹄腎という奇形だからか
なんども、足に刺激が走ります。
半端じゃない痛みで走るので、別の部位の痛みじゃないです。 
 雷みたいなものです。
 電流が一気につま先まで駆け抜ける感じです。
 
さて、話を戻して。ようやく器具は髄核に到達して、
背中の真ん中あたりをゴリゴリされている感覚は分かります。
あー、髄核掻き出してるんだなぁ。と思えていました。 
 
ただ、、、
それまでの格闘のおかげで脂汗ダクダクで、
何十回というあまりの痛みで、きっとアドレナリンが出てきたのか
徐々に意識が遠のく。
 
そのとたん、ピーピーピー!
常に血圧をモニタリングされていたのですが、
急激に上も下も50ほど下がってしまったのです。
上は、常時130前後だったのが80を切るところ。
下は、30台まで急降下。
 
ただ、こちらは眼鏡もしていませんし、意識も朦朧としていたので
よくわからないですが
 
うるさい音だ・・・・
 
くらいの認識ですが、周りが慌ただしい
 
なんか、おかしいのかな。。。。。
 
DRが大声で。
 
終了!
 
終わり!!
 
と、背中から一気に管が抜かれた感覚は分かりました。
 
全身汗だくで、左手に刺していた生食と何か抗生剤?の点滴は、
固定のテープが剥がれて抜けてしまっている。。。
 
 
血圧が下がりすぎて、命の危険があったので、
目標100%取れていない、半分くらいしか髄核は取れていないが
命には代えられない。
あのまま続けたら、死んじゃっていた。
 
という手術。
 
でもね、
 
いまも、まだ 感覚異常と痺れ 出てるの・・・・。
 
3か月は様子見だけど、もう どうしたらいいの(´・ω・`)
 
しょぼん。

ツイートツイート