【思】25歳の彼。

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい。11か月たちました。
人の上に立って。
 
motivate-subordinates
まぁ、いろいろありました。
 
ようやく25歳の彼が なんとなく ぼんやりと 見えてきたのかなぁ。
という事がありました。
 
端的に言えば、プライドがあった。
彼は頑張ってきていた
 
だから、任せて欲しかったんだろう
 
指示を出すのは、簡単。
私は彼よりも、俯瞰で見えているから。
 
ただ、それでは 何も考えず 理由もなく 作業を行うだけ。
 
先月から、34歳が彼と同じチームに入ってきた。
立場的には、何も分からないが業務経験は10年以上
仕事もやり方も熟知している。
知らないのは、その現場のルールだけ。
 
当然、34歳には25歳の教育係をお願いした。
とは言っても、仕事のやり方をレクチャーしてほしい。
としか言っていない。
 
1週間で、25歳の彼のダメなところを箇条書きにして出してくる
 
1言えば10伝わるありがたい人材。
 
そんな立場の人を置いたので、私がとやかく口を出すものではない
 
そんなところで。。。。
 
彼のずたぼろっぷりが見えてしまった。
私が言うのは、簡単。
 
単純に、自分以外への思いの部分なので、
気が付くか、気が付かないか
それだけの話。
(34歳は、着任したばかりなので、メールの送り先に含まれていない事が間々ある) 

なので、彼には敢えて。

そういうことに気が付いて、動けるのは君だけなんだよ。 
頼んだよ。先輩。
img_acaf11f1a26ff002015c11f127bfb389147678 
 
と、伝えてみた。
  
人が変わったかのように、生き生きとしはじめた。
  
ダメだ ダメだと 見ていた私が一番ダメだったんだな。
彼は、もっと出来ていた。
アピール下手で、アウトプット出来てなかった
 
悶々とし続けていたんだろうな。
 
もうちょっと、任せてみよう。
面白いと思う。
 

 
そうなると、34歳の彼には負担が掛かるな。
まぁ、彼ならなんとかやってくれるだろう。それだけ信頼できる。
 
25歳の彼が求めていたのは、承認欲求。
130717_Maslow-530x412
マズローの承認欲求 4段階目にあるところ。
 
25歳の彼には、34歳の仲間ができた(3段階目)
同じ趣味のゲーマーだ。共通項は多い。
 
なので、彼が今欲しているのは、自尊の欲求。 承認欲求なわけだ。
会話で、そこを刺激してあげることで、彼は一気にブレイクスルーできると思う。
 
非常に楽しみになってきた。
 
34歳の彼は、、、、、どうしようかな。

ツイートツイート

【本】衝撃的でした。

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、今日は本です。

新エバンジェリスト養成講座
今まで、これほどまでの衝撃を受けた本はありません
 
私の求めるニーズと本の内容が完璧に一致したのでしょう。
 
雷に打たれたかのような衝撃でした。
 
@ms_rebirthinkこと、榊原正幸くんのツイートにたまたまあったので、
即買いしました。
彼は、元・同僚です。少ないですが机を並べて仕事をしていました。
 
今は、学校教育エバンジェリスト として頑張っています。
 
有識者にモノを伝える エバンジェリスト には憧れがあります。
製品・サービス・経験 が圧倒的でないと実現できないと思っていましたが、
 
ちょうど来週、私がファシリテーションを行う勉強会があります。
スキルアップの一環で、ロジックの説明を行います。
 
1テーマも持っていますので、スピーカーとファシリテーションの二役同時進行です。
 
そういったニーズとこの本の tips for presentations という副題が一致しています。
 
 
冒頭に出てくる言葉があります。
「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

エクスペリエンスマーケティングの創始者 藤村 正宏さんの本です。
 
もともとは、

B・J・パインⅡとJ・H・ギルモアの共著 の The Experience Economyでしょう。
どちらも読んだ事はありません。
 
初版は1999年ですので、15年以上の歴史があります。
 
それなので、MSの西脇さんの本にも書かれているのでしょう。
日本で、マーケティングを読み解いていくと、必ず藤村 正宏さんにぶち当たります。
それほど、日本での影響力が大きい人なのです。
 
さて、脱線しましたが、
MSの西脇さんの本

新エバンジェリスト養成講座
 
想定していた勉強会のResume(目次)の全項目が変わってしまいました。
それには、もあります。
 
明確なVisionをチームに対して、展開していなかった
何を伝えるべきか という ノウハウ については、
上長(現場部長)とも、何度も話をして、認識を合わせたので、きっちり説明できますが
チームとして、どういう方向に向かうか までは指し示せていませんでした。
 
まるで、方位磁石を片手に こっちの方! と言ってしまった船長の気分です。
今は、北緯何度 まで示せる感覚です。
 
こうなると、チームは強いです。
 
出来ない人たちの集まりではないので、
明確なビジョン、その理由。
自分たちは、どこにいて、どこに向かっているのか
まで、明確になると、びっくりするぐらいの急加速をしてくれます。
 
それが、勉強会本番までにきっちり説明できたのは、本当にうれしいと思う所です。
 
この背景があったので、予定していた全予定を変更する必要が出てきたのです。
今までのままでは、ただのトップダウンの情報展開で終わってしまう
そこに 体験・経験の共有が伴うことで、爆発的に情報が浸透する
そう思って、目次を全変更したのです。
 
 
あとは、これを20名強のリスナー、オーディエンスに対して、
浸透させること。
 
まだまだ、伝えるためのテクニックには飢えています
 
ずっと、伝えるは、独りよがり
伝わって初めて コミュニケーション

と言ってきました。
 
一番、自分が出来ていなかったので、正直恥ずかしいところではありますが、
ここに来て、あっさりとブレークスルーできたのは、
1冊の本に出合えたから だと思う。
 
来週のイベントは成功させる自信があります。

今は感謝。 今日もありがとう。

ツイートツイート