【技】bash更新@Centos 6.5

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、一部では大騒ぎされていますね。Bashの脆弱性。
snap2359
 
当Blogも例にもれず、Bashは使用しておりました。
 
そんなわけで、脆弱性対策をば。
 
CVE-2014-6271とCVE-2014-7169の両方の対策が出来ていないとダメなのですが、
yumが使えます。
 

# yum list installed | grep bash

 
我が家の場合は、
bash.x86_64 4.1.2-15.el6_5.2
こうだったわけです。
 
んで、対策方法。

# yum clean all
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Cleaning repos: base extras rpmforge updates
Cleaning up Everything
Cleaning up list of fastest mirrors

※1行目を入力。 
 

# yum -y update bash
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Determining fastest mirrors
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
base | 3.7 kB 00:00

base/primary_db | 4.4 MB 00:01

extras | 3.3 kB 00:00
extras/primary_db | 19 kB 00:00

rpmforge | 1.9 kB 00:00

rpmforge/primary_db | 2.7 MB 00:01

updates | 3.4 kB 00:00

updates/primary_db | 5.3 MB 00:01

21 packages excluded due to repository priority protections

Setting up Update Process

No Packages marked for Update

 
 お、更新されねぇー(ノД`)
 

# yum list installed | grep bash
bash.x86_64 4.1.2-15.el6_5.2

んで、↑このように、なるわけですが・・・・。
 
じつは、バージョン。
最新だったわけです。
 
Centosの場合、以下のVersionで対策済みとなります。
CentOS7
bash-4.2.45-5.el7_0.4

CentOS6
bash-4.1.2-15.el6_5.2

CentOS5
bash-3.2-33.el5_11.4
 
まぁ、yumが使えるので、楽ですね。

ツイートツイート

【技】HP 15-g007au分解-SSD換装

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
HP 15-g007auのSSD換装依頼を受けました。
物は、2014年春モデル。比較的新しいモデルですが、
5400回転のHDD。普段使いがipadとかのフラッシュストレージだと、もっさり感は感じます。
K0000617016
が!
 
こいつの分解がなかなかやっかいだったので、画像つきで解説。
※HP製PCの分解は、分解後保障が切れます
 自己責任でお願いします。
 
難易度は高めです。
フィルムケーブルの脱着をやったことが無い場合は、ここで引き返してください。
おすすめしません。
ノートPCの分解が初めてな人は、ここで引き返してください。
「ちょっとの勇気」という微妙な力加減が出てきます。
 
HP製ノートPCがこんなに面倒に作ってあるとは思いませんでした(´Д` )
分解だけで、2時間も掛かってしまいました。(私としたことが・・・・)
※先人の知恵なし、海外サイト情報なし、という完全手探りでしたのでね。
 
HDDからSSDへのデータクローンは、他サイトを参照してもらうとして。
今回は、EaseUS Todo Backup Free を使っていますが、
有料、無料いろいろソフトウェアは出ていますので、お好きにどうぞ。

<2017/05/05 追記 → 2017/11/25 編集>
EaseUS Software公式アカウントよりご要望があり、
公式URL↓を出します
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html
検証後、別記事でEaseUS Softwareさんの専用エントリーでも書こうと思います。
そろそろバックアップ・リストア記事って魅力あるかもしれませんね。
 
最新はVERSION 10.0 → 10.6 だそうです。
EaseUS Softwareさん ありがとうございます。

————————

 
まずは、底面。 
IMG_3370
見える位置で、赤い丸がねじ穴位置です。
 
SSD換装ではずさなくても良い箇所があるかもしれませんが
念のため、全箇所外しました。
 
ここからがやっかいでした。
無題
画像のゴム足の中にねじが隠れています。
ゴム足は、マイナスドライバーを隙間に差し込んで、コジってやれば取れます。
両面テープで張り付いているだけなので、はずしたら再利用しちゃいましょう。
ちゃちゃっと外します。
 
こうなるわけです。
無題1

全部のねじが外せたら、キーボードを外します。
IMG_3371
赤い矢印方向(モニター側)にキーボードをスライドさせます(ほんの少しだけ、動きます)
そうすると、赤丸で囲んだ位置(他にも数か所)のような爪が見えます。
これも爪の脇に、マイナスドライバーを差し込んで、コジってあげると爪が外れます。
 
ポイントは、ちょっとの勇気
 
MASAさんからのコメントにより、こんなのもあると便利だそうです。

車用の内装剥がしです。
私も車用に持っていますが、PC作業で使った事はなかったので盲点でした。
最近は、↑のようにセットになっているものもあるので、便利かもしれませんね。
 
 
まぁ、これくらいじゃ壊れませんが、経験がないと分かりませんね。
キーボードはフィルムケーブルで本体側に繋がっています。
一気に引っ張ると、壊れます。
 
IMG_3366
既に画像はキーボードを外している画像です。
 
右側の大きな青丸で囲んだ位置にフィルムケーブルで繋がっています。
P1060240
外すことは難しくないですが、知らないと壊すので、↑こんな感じで爪を立ち上げてケーブルを引き抜きます。
ケーブルを抜くのに、力はいりません。すっと抜けます。爪さえ立ててあればね。
 
また、ネジ外しが必要なので、赤丸の位置にあるネジを外します。
ここのねじは、底面のゴム足以外のところと同じM2.5というネジで同じものです。
混ざってしまっても、構いませんが分けておくことがいいですね。
 
あと、フィルムケーブルが2本あります。
左側のケーブルは電源ボタンに繋がるもの。
 
私が今回依頼を受けたものでは、
フィルムケーブルのコネクタの穴のところがセロテープで覆われていました。
セロテープをめくって、コネクタの爪を立たせてケーブルを外しました。
 
真ん中のコネクタも同様に、グレーの部分が可動しますので、立ち上げてケーブルを抜きます。
無題2
 
あとは、キーボード回りの枠が外れますので、
本体の隙間にマイナスドライバーでもいれつつ、端から爪を外していきます。
このあたりは、経験と感覚なので、初めてだときついと思います。
 
IMG_3363
蓋が外れると、ようやくHDDにアクセスできます。
赤丸で囲んだ位置が最後のねじになります。
ここを外せば、マウンタごとHDDが外れます。
 
画像では、既にSSDを入れていますが、もともとは5400回転のHDDが入っています。
 
換装が終われば、あとは、逆の手順で戻すだけです。
フィルムケーブルはきちんと、差し込んで爪を倒しておかないと不具合の原因になります。
要注意です。
 
あーちかれた(´Д` )

今日、SSDを買ってきた店で交換作業すると
交換作業=25000円データ移行作業=15000円 と移行作業の手間賃だけで40000円も取るようでした。
この作業工数なら、そんぐらい取ってもいいかなぁ。とマジで思いましたわ。

ツイートツイート

【技】ESXiで追加した仮想ディスクをゲストLinux上で使用できるようにする方法

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
今日は、VMで追加した仮想ディスクをLinux上で使用できるようにする方法
所謂、備忘録。
 
20080727191214
 
VMware ESXi側の操作は割愛、↑の画像のようにディスクを追加したよー。
ってところは、済んでいるという前提で。
 
追加されたディスクを確認。

# ls -l /dev/sd*
brw-rw---- 1 root disk 8, 0 9月 6 01:35 2014 /dev/sda
brw-rw---- 1 root disk 8, 1 9月 6 01:35 2014 /dev/sda1
brw-rw---- 1 root disk 8, 2 9月 6 01:35 2014 /dev/sda2
brw-rw---- 1 root disk 8, 16 9月 6 01:35 2014 /dev/sdb  ←これ。

 
一番したにディスクが追加されていることを確認します。
 
パーティション情報を確認

# /sbin/fdisk /dev/sdb
デバイスは正常な DOS 領域テーブルも、Sun, SGI や OSF ディスクラベルも含んでいません
新たに DOS ディスクラベルをディスク識別子 0x453b2820 で作成します。
あなたが書き込みを決定するまで、変更はメモリ内だけに残します。
その後はもちろん以前の内容は修復不可能になります。
警告: 領域テーブル 4 の不正なフラグ 0x0000 は w(書き込み)によって
正常になります

警告: DOS互換モードは廃止予定です。このモード (コマンド 'c') を止めることを
強く推奨します。 and change display units to
sectors (command 'u').

コマンド (m でヘルプ): p  ← p入力で現在のパーティション情報を確認します。

 

ディスク /dev/sdb: 268.4 GB, 268435456000 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 32635
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x453b2820
 
デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム

 
↑こんな感じに表示されます。
パーティション情報は表示されません。つまり、無い ということです。
 
「 n 」で、パーティションを切ります。
基本、初期値でOKのため、Enter押下で進めます。 
 

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-2610, default 1): [Enter]
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-2610, default 2610): [Enter]
Using default value 2610

  
再度、p押下で、パーティションが作成されたことを確認します。
 

コマンド (m でヘルプ): p
 
ディスク /dev/sdb: 268.4 GB, 268435456000 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 32635
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x453b2820
 
デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdb1 1 32635 262140606 83 Linux  ← ここが追加された。

 
変更内容を保存します。

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!
 
ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。

 
パーティションが切られたことを確認します。

# ls -l /dev/sd*
brw-rw---- 1 root disk 8, 0 9月 6 01:35 2014 /dev/sda
brw-rw---- 1 root disk 8, 1 9月 6 01:35 2014 /dev/sda1
brw-rw---- 1 root disk 8, 2 9月 6 01:35 2014 /dev/sda2
brw-rw---- 1 root disk 8, 16 9月 7 02:57 2014 /dev/sdb
brw-rw---- 1 root disk 8, 17 9月 7 02:57 2014 /dev/sdb1  ← これがでけた。

 
「 /dev/sdb1 」にファイルシステムを作成します。
 

# /sbin/mke2fs -j /dev/sdb1
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
16384000 inodes, 65535151 blocks
3276757 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
2000 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872
 
Writing inode tables: done    ← ここは容量によって、Doneが出るまで時間が掛かる。
 
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
 
This filesystem will be automatically checked every 27 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.

 
あとは、マウントさせてあげればOK

# mount -t ext4 /dev/sdb1 /backup

 

# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_********-lv_root
50G 4.3G 43G 10% /
tmpfs 7.8G 0 7.8G 0% /dev/shm
/dev/sda1 485M 124M 337M 27% /boot
/dev/mapper/vg_********-lv_home
238G 50G 177G 23% /home
/dev/sdb1 247G 188M 234G 1% /backup ← ここにマウントされた。

 
あとは、OS起動時に、追加したディスクも同時にマウントされるように設定をします。
一旦、ファイルシステムをアンマウントしてから、ラベル付けをします。
 

# umount /backup

 

# /sbin/e2label /dev/sdb1 /backup

 
ラベル付けされたことを確認します。

# /sbin/e2label /dev/sdb1
/backup

 
fstabに追記して、自動マウントするようにします。

# vi /etc/fstab

 
最下行に以下を追記。

LABEL=/backup /backup ext4 defaults 0 0

起動時と同じように、「 mount -a 」コマンドを実行すれば、

# mount -a

 

# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_********-lv_root
50G 4.3G 43G 10% /
tmpfs 7.8G 0 7.8G 0% /dev/shm
/dev/sda1 485M 124M 337M 27% /boot
/dev/mapper/vg_********-lv_home
238G 50G 177G 23% /home
/dev/sdb1 247G 188M 234G 1% /backup  ← これがマウントされた。

 
つまり、fstabの正常性を確認できた。
ってこと。
 
今回は、/backupにマウントさせていますが、
好きな領域にマウントさせてあげればいい。
 
バックアップ領域が欲しかったので、試したというわけ。
 

ツイートツイート

【体】UP24 by JAWBONEを買ってみた。

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、絶賛リハビリ?中でございます。
 
まぁ、時間はあるので、いろいろ考えるわけですよ。
昨日も書きましたけど、新型CPUも出てくるしね。
 
そんな私が、こんなものをかってみました。
Jawbone-up
ウェラブルガジェットのUP24 by JAWBONEです。
 
簡単に言えば、
睡眠、運動、食事の情報を記録し、データを無制限に保存
 
まぁ、こういうものです。
 
おもしろげな機能として、
Facebook、Twitterとの共有
があるわけです。
 
下手したら、体重を世界に向けて発信してしまう恐ろしいものw
※そんな事はしないつもり。
 
別にダイエットするつもりはなく、単純に理想的な生活って何なの?
今の働き方は、過剰なの?余裕なの?
というのを可視化したいな。って思ったので。
 
他にも、NIKEとかが出しているのもありますけど、
一応、軽く比較して電池の持ちがいいとか、Bluetoothのワイヤレス接続でリストバンドとアプリを同期ってな事が魅力で買ってみたわけです。
 
アプリの画面はこんな感じ。
20140525-buyer-02
※実際の画面ではなく、ネットから拝借したもの。
 
あと魅力的なのは、医療用に用いられる低アレルゲン性TPUラバーを使用ってところ。
私は金属アレルギーなので、金属性のものは付けていられない。
純チタンの結婚指輪ですら、帰宅したら外さないと翌朝には真っ赤に腫れ上がる素敵仕様な肉体なので、
こういう医療用素材という所に安心感を受けるわけです。
 
今回は、私の分のみですが、機能として
チームを作り、お互いのUPログをシェア可能
という事も出来るので、じきに妻用にプレゼントしようかと思っています。
 
ただ、食事だけは、あまりよろしくないらしく、自動登録なんて出来ないようです。
※選択できるものがコンビニのもの とか。グラム単位で登録しなきゃいけないとか。
 
まぁ、食事ログは特に気にしていないので、
睡眠と歩数が日々の生活をちょっとでもいい方向に変えてくれるのであればいいかなと思っていたりします。
 
実際にモノが手元にないので、適当に使用感とかを出せたらいいなぁと。。。。。
 

私は、おでぶさんなので、Lサイズを購入しました。
手首回りが19cmなので、ちょうどLサイズの範囲である18~20cmというので、いい感じに装着できると思います。
 
そして、来週には新色のNAVYが出るようです。

私は、黒=ONYXを選びました。
一応、仕事中もつける想定ですので。
 
生活防水らしいですが、洗濯機で回してちゃっても、大丈夫だったというYoutube動画もありましたので、
ゲリラ雷雨に振られるとかあっても大丈夫そうです。
さすがに、風呂入る時は外すつもりですけどね。
 

リンクはAmazonを出していますが、在庫切れ中なので、私はヨドバシに発注しました。
 
ノシ
 

 

 

ツイートツイート

【新】新CPUねぇ、へぇ(´Д` )

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、毎度おなじみ物欲野郎が出てきました。
 
今日は、私と同じ誕生日にリリースされた「Haswell E」と行きたいのですが、
Haswell_E
Haswell Eから、メモリがDDR4になり、今まで積み重ねてきたDDR3メモリ32GBが無駄になるため、
正直、興味なし 状態なのです。
 
となると、前モデルの「Devil’s Canyon」でどこまで延命させてやろう。
top
という気になります。
 
ただね、「Devil’s Canyon」と言っても、メモリがそのまま使えるだけで
マザーとCPUは新規購入となります。
 
その場合の試算をしてみました。



Devil’s Canyonで狙うは、もちろん4Ghzな素敵仕様のi7-4790Kです。
 
マザーは今、使っているものに非常に近いモデル。
1155ですので、1150でMSIでGAMINGマザー、各種スロット形状が酷似しているもので選択しました。
 
CPUで38000
マザーで20500円
ほぼ6万近い状態になりますね。
 
では、現在のマザーもそのままにcpuだけ、使える最上位に変更したら、どうなるか・・・・
 
現在のCPUは、Core i7 Sandy Bridge i7-2600Kです。
けっこう、前なんですよねぇ・・・・(´Д` )
 
今のマザーでの対応最上位は、
Core i7 Ivy Bridge i7-3770K

Xeon Ivy Bridge E3-1275V2
です。
 
中古でも、i7は28,944円
XEONは、中古のタマが少ないので、36,869円(新品)です
ちなみに、i7の新品で

ほぼ4万ですね。
中古で1万引きは、まぁそんなもんかな。(OCされてるんだろうなぁ・・・・大丈夫かなぁ。という心配が値段についている感じ)
 
ということで、一番小さなパワーアップは、SandyからIVYに変更する変更で3万(中古)
 
Haswell E」を選択した場合は、確実に10万を超えますから
※メモリが高い、タマが少ない、ってな具合。
 
なので、6万くらいを狙いつつcpu、マザー同時購入割引とかをやっている
アキバなどで、買うのがお得かなぁ。

その他 Core i7-4790K BOX + msi Z97 GAMING 7 セット
インテル 第4世代 Coreプロセッサとマザーボードのセットです。お得な価格にてご提供しております。
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2014-09-01 に生成しました

一応、九十九の通販でセット割りがありました。
 
cpuだけでは、どうしてもスペック的に頭打ち感が出るので、
やはり、「Devil’s Canyon」で長期延命を。というのが一番良いパターンかなぁ。と思ったりするわけです。
 
ただ、今年は、年末に向けて車検が控えているので
さすがに、買えないわ。SSDでかなり高速に使えているので、何の問題もないわけですから。
 
RE-JIさんのPC修理がてら、私のマシンのパーツを移植というのであれば、考えなくもないのですがね(´Д` )

ツイートツイート